スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗のリゾット Risotto Castagna

九州に住む、妹から大きな大きな栗が届きました。
妹の自宅にも、栗の木はありますがお向かいのお宅が
豊作で沢山頂いたようです。

栗のリゾットを作ってみました。
栗の甘みとパルメザンチーズ・オリーブオイルの香りがして
美味しかったです。

■ 栗のリゾット  Risotto Castagna

2012.09.27 risotto

*材料 (2人分)
 米................カップ1弱
 白ワイン......50cc
 EVオリーブオイル......大さじ2 杯
 パルメザンチーズ.......大さじ3〜4杯
 ゆで栗..............7〜8個 かために茹でる。
 無塩バター・塩.......適量

*作り方
1)フライパンにオリーブオイルと無塩バターを温め、米を入れて
 米に油が回る迄炒める。
2)白ワインを加えて、強火でアルコール分を飛ばす。
3)水200ccを加えて、少し強めの火でフライパンを揺すり乍ら
 水分を飛ばす。
4)再び水を加え、3)と同様を3回から4回繰り返し、アルデンテになり
 まだ水分が残っている状態で、塩で味を整える。
5)4)に1cm位に切ったゆで栗とパルメザンチーズ・無塩バター小さじ1を
 手早く加え、フライパンをあおり乍ら混ぜ合わせる。

栗ごはんも美味しいけれど、栗の甘みにチーズ・オリーブオイルの
コクも合わさり美味しい栗のリゾットの出来上がり。

イタリアのキッチン道具のお店 La Bottega
 La Bottega"

↓お手数ですが、クリックで応援していただけると、
 更新する励みになります。




 



スポンサーサイト

真鯛のレモンソース

何時も行く魚屋さんで真鯛を見かけました。
残暑厳しき日々で、何かさっぱりと美味しく頂ける調理方はと・・・
昔作ったレモンソースを思い出し乍ら、作ってみました。
ちょっとソースが濁ったのが反省点ですが、ご飯にもパンにも合いますね。

■真鯛のレモンソース

2012.09.16 真鯛のレモンソース

*材 料  (2人分)
 鯛の切り身...2切れ
 レモン.........1個
 牛乳............少々
 白ワイン.....大さじ2
 無塩バター...親指大2
 塩・胡椒・強力粉・サラダ油......各適量
 水..............大さじ2
 
*作り方
1)鯛にしっかり塩こしょうをし、少しの牛乳に浸し強力粉をまぶす。
2)サラダ油大さじ1と無塩バター親指大を熱し、真鯛を両面ゆっくり焼き
 白ワインを加えアルコール分を飛ばし、レモン半個を回しかけ程よく
 風味がつき、焼き上がったら鯛を取り出す。
3)ソースを水大さじ3でのばし、塩で味を整え、強力粉を付けた
 親指大の 無塩バターを加えて乳化させる。
 残りのレモン半個の皮を取り、1cm角に切り加えてソースの
 出来上がり。
4)取置いた鯛をお皿に盛りつけ、レモンの輪切りにイタリアンパセリで
  飾り付け。
5)見た目もお味もさっぱり、そして涼しげ・・・夏の一品 召し上がれ。

 いつも愛用しているアルミのフライパンですが、ソースとパスタを
フライパンで混ぜ合わせることが多いイタリアンでは、扱いやすい
 軽いのがフライパンの大事な要素。
アルミ・フライパンはその点で有利です。
又アルミ自体の色が明るいので、ソース等の色を見ながら調理するのに
便利です。
 
2012.09.16 真鯛のレモンソース フライパン

★このレシピで使ったアルミフライパンはこちらでご覧ください。
 キッチン道具のお店 La Bottega
 【アルミフライパン24cm

↓お手数ですが、クリックで応援していただけると、
 更新する励みになります。

桃のシャーベット

9月に入ってもまだまだ暑さが続いています。
口に冷たいものが欲しいのですが、あまり市販のものばかりではと
思って、5歳の孫娘と桃のシャーベットをつくりました。
桃の香り豊かな美味しいシャーベットができました。

砂糖は一応基準を書いていますが、桃の裏ごし時の甘みや
お好みで少なくしてもいいと思います。

■もものシャーベット

2012.09.09桃のシャーベット 再

*材 料  (6人分)
粉ゼラチン  小さじ1
水      大さじ1
シロップ
 グラニュー糖  150〜200g
 水       1と1/4
レモンの絞り汁  1と1/2個分
ももの裏ごし   3/4カップ
卵白       1個分

*作り方

1) 粉ゼラチンは大さじ1の水にふり入れて、20分程おき十分に
  ふやかす。
2) 鍋にグラニュー糖と水を入れ火にかけます。砂糖が溶けて沸騰
してきたら弱火にして2.3分煮てシロップを作ります。
3) 2)のシロップを火からおろし、1)ゼラチンを入れ丁寧に溶かし、 
  金網でこしボールに取ります
4) 3)のボールの底を氷水に当てて粗熱をとる。
  ももの皮を剥き、粗く切った果実を裏ごしする。
  
  *パサツットを使うと便利。
   (このパサツットはイタリアのキッチンには必ずある道具で、
   トマトソース作りには欠かせない物です。
   替え刃も3種類のサイズが付いているので用途に応じて使え、
   日本のキッチンでも果物や野菜の裏ごし又はみそ作りの大豆等々
   出番の多いお道具です)

2012.09.09 桃のシャーベット1

5)4)のボールにレモン汁とももの裏ごしを入れ、すっかり冷めた
ところで深めの金属製のバット等にいれ3.4時間程冷凍庫で冷やす。
6)5)が3.4時間程経つとさくさくのみぞれ状になる、それを木べらや
  泡立て器で崩す。
7)奇麗なボールで卵白を角が尖る迄泡立て、6)を加えて丁寧に混ぜ合わせ
  元の深めバットに戻し、2.3時間冷凍庫で冷やします。
  卵白を加える事によって氷結しない滑らかな口当たりのシャーベットが
  出来ます。
固まったらお好みのガラス容器に盛って・・召し上がれ。
   
★このレシピで使ったパッサトゥットは
 こちらでご覧ください。
 キッチン道具のお店 La Bottega
  http://www.labottega.jp
 【パッサトゥット
プロフィール

labottega

Author:labottega
イタリア好きが高じて、イタリアのキッチン道具やグッズのネットショップ"La Bottega"を始めました。このブログでは、ショップで扱っているキッチン道具を使ったレシピを紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。